2010年夏はサンクトペテルブルグで。

さっきロシアへ電話してやっとナターシャと電話で話せた。実は3度目の試み。1度目はナターシャのお母さんが出でナターシャは外出中。そして2度目はなんとバブシカ(おばあちゃん)がでた。彼女は全く英語は話せないが、マシンガンのようにロシア語で話してくる。とりあえず、私のことを覚えてくれていたようで、「スージー?スージー?」と言ってくれたので私も「ダー、ダー(うん、うん。)」と返す。そしてさっきの電話ではナターシャが出たので無事話す。今日のサンクトペテルブルグはちょっと暖かく23℃だといっていた。すごく羨ましい。

2度目の電話でバブシカと話せてよかった。というのも、バブシカは数ヶ月前に脳梗塞をおこしたのです。なんとか自力でナターシャのお母さんに電話し、早い処置で後遺症もあまり残らず済んでいたのです。でもやはり心配だったので、電話で話したときにちゃんと話ができてる様子がわかって安心しました。ボルガ地方からよりよい生活を求めてムルマンスクに渡り、そしていまサンクトペテルブルグに住むバブシカ。鉄の女バブシカ。元気に長生きしてください。

来年の夏サンクトペテルブルグに行くということにする。ネヴァ川の跳ね橋を見るのだ。前に行った時は冬だったので見れなかったから(凍ってて)。でもその代わり、ネヴァ側を歩いて向こう岸に渡って、要塞を見たけど。

ああ、楽しみだ。
[PR]

by mottosuzu | 2009-08-23 22:09 | 日々のこと  

<< まつりつくば2009 3足のわらじ履き。 >>