三毛猫ホームズと仲間たち

長年の夢だった赤川次郎公認ファンクラブ『三毛猫と仲間たち』に入会したのです。そして昨日2回目の会報が届いた。なんだか懐かしいような冊子の作り方をしているなぁ。小学校のときの印刷物っぽい手作り感。そして必ず赤川次郎が書き下ろした短編付。しかも赤川次郎先生はいまだに原稿用紙書きなので、それをそのまま印刷されてんの。ファンクラブメンバーになって初めって知った赤川次郎先生の字の読みにくさよ。でもそんなことはどうでもいい、っていうかプラス要因にさえなってしまうのがファン心理というものです。

特集は、8月に行われたファンの集い大会の模様。もちろん先生もきてるよ。私も来年こそは参加してみたい。「同士のみ」の集いってものに参加してみたい。怖いような楽しいような。そんなバカにしたようなこと言ってるけど、実際に赤川次郎に握手とサインをしてもらったら、たぶん私、超ドキドキすると思う。たとえば、「松田聖子」ちゃんに会うのと同じような気がする。私にとっては永遠のアイドルっていうか、アナザーワールドで光り輝いてるお人なのだ。ああ。来年の大会に参加することを考えると、もう胸がソワソワしている。


さてこれからサブの仕事なのでご飯食わないと。
[PR]

by mottosuzu | 2009-10-03 09:31 | 日々のこと  

<< 記憶とメロディ 世界の社窓から >>